ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

母乳をうまくい吸わせたい!ベストな授乳のスタイルとは

1234

子育てでまず初めにイメージするのが授乳ではないでしょうか。特に初めての子育てママはどのようにしたらいいかと思っているはずです。案外とすんなり授乳できた場合でも、ある日突然飲まなくなったりする場合もあります。授乳の基本を知り赤ちゃんとの最大のコミュニケーションの時間を大切にしてください。

【授乳の姿勢】赤ちゃんにも負担なく安定していますか?

授乳の姿勢はいろいろとありますが、ママと赤ちゃんが一体になれて安定する抱き姿勢を探しましょう。抱き方には、横抱き、交差横抱き、ラグビー抱き、添い乳、縦抱きなど様々な体勢があります。それぞれの抱き方には良い点があります。基本的には、ママが抱きやすく赤ちゃんも負担が少なくお乳をしっかりと咥えることができ吸いやすい体勢を探しましょう。

初めは、オーソドックスな横抱きから行うことが多いと思います。授乳クッションなどを利用することにより赤ちゃんも姿勢も安定ししっかりと抱き寄せることができます。しかし、抱き方をずっと同じ1パターンの体勢にするのは控えてください。最適な抱き方がある場合でも、毎回同じ姿勢で授乳することにより乳頭に負担がかかり痛みが出てくる場合があります。授乳中、授乳後に乳頭に痛みが出た場合は抱き方や赤ちゃんの体勢を変えるなどして工夫してみましょう。

夜泣きで寝不足ぎみのママには、夜中の授乳は大変かと思います。添い乳の姿勢は、寝転んだ状態で赤ちゃんも横に寝かしそのまま授乳させる方法ですので、ママも赤ちゃんも横になった状態で授乳できるため、赤ちゃんを完全に起こすことなく夜泣きも最小限に留めやすいです。少し横着なように思いますが、赤ちゃんの夜泣きが続いた時などには、ママも毎回起きるのは辛いと思いますので、寝転んだまま楽くに授乳ができます。またそのまま寝かしつけることもしやすいですね。

それぞれの授乳姿勢には良い点がありますので、試してみてはどうでしょうか。ママと赤ちゃんがリラックスできて安定する抱き方、授乳スタイルを見つけられればいいですね。


お腹が空いた!赤ちゃんが発するシグナル おっぱいを欲しがるタイミング

これはほとんどのママが知っているとは思いますが、赤ちゃんが泣いたら基本的にはおっぱいをあげても大丈夫でしょう。通常は3時間おきにあげるのが理想とされていますが、赤ちゃんによってペースはさまざまです。おっぱいはミルクと違い消化もしやすいため、授乳回数が増えても問題ありません。

逆に、授乳の感覚が開きすぎる場合は、脱水症状になってしまう場合があります。無理やりにでもおっぱいをあげるようにしてください。赤ちゃんは栄養はもちろん水分もおっぱいからしか取れませんので。

また、ある程度の授乳のリズムは大人が作ってあげてもいいと思います。少し泣いても赤ちゃんの負担にならない程度に我慢させ、適度な間隔で授乳してあげるものいいでしょう。

5~6ヶ月くらいの赤ちゃんになると、お腹は空いていない場合でもおっぱいを欲しがる時があります。少し不快の状態で機嫌が悪い場合は、おっぱいを咥えることで安心感が高まりホッと落ち着く場合があります。

あまり難しく考えず、ママと赤ちゃんとの間で、最適なおっぱいのタイミングを作ってください。


ゲップは大事 授乳の後のゲップの必要性

授乳後、赤ちゃんにはゲップを必ずさせましょう。飲んだ母乳やミルクを吐き戻さないようにするためには必要な行為です。また授乳と同時に胃に入ってしまった空気を出してあげることにより胃の中を母乳、ミルクだけにすることにより効率よく消化させることができます。

赤ちゃんの体内、胃はまだまだ構造や機能が未熟です。ゲップをさせることにより、吐き戻しによる気管の詰まりを防止し赤ちゃんもスッキリして、さらに満足し機嫌がよくなるでしょう。首の座らない時期には特に重要ですので、しっかりとゲップさせてあげられるようにしてください。

首が座り、寝返りも頻繁にするくらいになると自然とゲップも自分でできるようになります。それまではママやパパがゲップさせてあげることが大事ですね。


【外出時の授乳】家とは違い気を使うことがたくさんありますね

外出時の授乳、特に母乳をあげる場所や方法がとても大変かと思います。デパートや大型のショッピングモールなどでは授乳専用の部屋やスペースがあると思います。そのような所を積極的にうまく利用するようにしましょう。

どうしても授乳専用のスペースや部屋などがない時は、ミルクを用意しておくことも考てもいいかもしれませんね。困ってなかなか授乳できないより、さっとすぐに与えられるミルクもあれば心強いですね。お湯を水筒に用意し、小分けにした粉ミルクやブロック状になっているミルクを用意しておくことによりいつでもどこでもすぐに授乳できます。

特に、母乳育児を目指すママには外出先での授乳はどうしようかと不安だと思います。昔は道沿いにあるバス停でも普通に母乳を上げているママがいたみたいです。 しかし、今は、駅や電車内、バスなどにもしっかりとした授乳スペースが設けられている所が多くなってきました。一昔前よりも授乳環境は良くなっていますね。

今では、ネットで外出先にこういった設備、施設がある場所を事前に調べて確認することにより、安心してお出かけすることができると思います。うまくこういう施設や設備をうまく利用することで授乳の悩みも解消されてよいお出かけができると思いますね。

うまく授乳するための4つのポイント

 
・授乳の姿勢は負担なく安定していますか
・赤ちゃんがおっぱいを欲しがるタイミングを知る
・授乳後にはしっかりとゲップをさせてあげよう
・外出先でもちゃんと授乳できる準備をしよう

授乳の姿勢、オッパイを欲しがるタイミングは授乳をしていくうちに、だんだんと要領、方法がわかり気づいてくると思います。経験が必要の部分も多いと思います。ゲップは授乳後には必要なことでセットで行うことなのですね。ゲップをさせる事も赤ちゃんによってはなかなか出ない場合があるかもしれませんが回数をこなすことによりコツもわかるようになりスムーズに行えるようになるはずです。

育児中は、なかなか外出ができないことが多いと思いますが、ずっと家にいるとママは運動不足になりがちです。また気分転換のためにも、少し外に出ることも大切なことだと思います。赤ちゃんもいつもの家の中とは違った景色や空気、音などを感じることにより、良い刺激となるはずです。今ではたくさんの便利な授乳グッズや携帯しやすいミルクなどもありますね。ちゃんと準備することで、外出先での授乳に悩むこともなくなるのではないでしょうか。

授乳は楽しく、育児には必ず必要で自然なことです。ママ、赤ちゃんによって授乳スタイルはさまざまです。こうした方がよいと決めつけすぎず、それぞれにあったストレスがない、ベストな授乳スタイルを作っていければいいですね。

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク