ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

母乳育児で三人の子供たちを育てて思うこと

DSC_0849

【黄疸で光線治療】出産後に母乳をこだわり過ぎると危険?

三人ともに共通することでしたが、産後に母乳が出始めたのは数日後と時間がかかってしまいました。中には、妊娠後期でバニラ色のような母乳が出てきたという友人もいましたが、私はそういうことはなく、生まれてから乳首を吸わせて出るようになってくれればと思っていました。

一人目は、できれば生まれて初めて口にするものは母乳であってほしいと思っていたので、頑張って乳首を吸わせ続けていましたが、なかなか母乳は出てくれず、助産師さんから糖水やミルクを飲ませることもできますと提案されても頑なに断っていたため、赤ちゃんは水分不足から黄疸が出てしまいました。

光線治療を受けたので、母子同時に退院できたのは良かったですが、新生児が光線治療を受けている姿は少し可哀想に見えました。

この一人目の経験から、二人目と三人目は、母乳の出始め2日目以降になって遅いと感じた時点で糖水やミルクを飲ませてもらうことにしたので二人は黄疸の数値も標準の範囲内で済み安心しました。

 

三人目出産の入院時に、「赤ちゃんが最初に口にするものを初乳にとこだわり、赤ちゃんが低血糖になり脳に障害を与えてしまった」というような内容の新聞記事を拡大して貼ってあったポスターを見付けたので、一人目の時は同じようなことになっていたらと考えて怖くなり、黄疸だけで済んで良かったと思いました。

私は産後3日くらいで乳房が張り始め、乳腺が繋がっている脇の下が貼れたようになり痛くなりました。

この場合は湿布などで冷やすしかないとのことだったので、湿布をもらって対応しました。

この時は出産直後のテンションの高さで育児に疲れを感じることはありませんでした。


スポンサーリンク

ミルクを拒否。授乳時の赤ちゃんが乳首を吸う力はとても強力!

退院後、本格的な育児が始まりました。乳房が張ってとても痛いですが、授乳直前に母乳の出を良くするマッサージをしたり、冷やしたりし対応しました。乳房が張るのも痛いですが、入院中から赤ちゃんに吸われる乳首が痛くてとても辛かったです。

特に一人目は、乳首を口に含ませるのも上手にできなかったので、浅く咥えさせて授乳してしまうことがよくあり、時には軽く切れてしまったりすることもありました。乳首の傷が治るよりも速く授乳の時間は来てしまうため痛みに耐えながら馬油を塗って授乳は続けました。

乳房の強い張りは、出産数週間後には赤ちゃんが母乳を必要とする量と、作る量の需要と供給のバランスが取れ始め治まっていき、予想よりも張りの少ない状態で次の授乳の時間が来るという感じになっていきました。

見た目的には母乳が良く出るように見えるおっぱいではなかったのですが、足りないことはなかったようで、結果的には三人とも母乳のみの完母育児で育てることができました。

しかし、ミルクを飲んでくれれば、何か用事がある時などに人に預けやすいと聞いたので、時々練習にとミルクを作って飲ませてみました。ですが、入院中は哺乳瓶でも上手に飲んでくれたのに(助産師さんのあげ方も上手だったのかもしれませんが)、退院後はしばらく母乳だったことも影響してか、哺乳瓶を拒否するようになってしまっていました。ミルクだとミルク代もかかってしまうし、哺乳瓶を洗って消毒することも、ずぼらな私には非常に面倒で、それ以前に赤ちゃんが「お腹空いたよー!」と泣いているのに温度調節に時間がかかって待たせてしまうことがすごく嫌で、泣いたらすぐにあげられる母乳はとても私には合っていたと思います。

 

授乳は笑顔で。母乳育児のメリット・デメリット

出産直後は痛みなどで少し大変でしたが、やはり母乳育児で助かった点もたくさんありました。ミルクなら、「〇〇時間間隔を空けましょう」という決まりがありますが、母乳は欲しがるだけあげても良い点が時間を考えずに泣いたらあげられる、とにかく泣いたら乳首を吸わせれば泣き止むので、瞬時に与えられるのは良かったです。

母乳が出続けるように気を付けたことは、乳首マッサージを二週間以上続けることでした。妊娠出産していない女性でも母乳が出るようになるという母乳育児の本を読んだこともあります。その他には、乳首を吸わせる間隔は長く空けないようにしたことと、意識して水分を多く摂るようにしていました。

デメリットだと感じた点は、夜中の授乳の回数が多いことです。特に一人目は比較的多いほうだったことだと思います。何人かの友人の赤ちゃんは、母乳でも夜8時間寝てくれるという羨ましい子が
いましたが、残念ながらわが子は割と頻繁におっぱいを恋しがり泣きました。

自分自身も神経質になってしまっていたせいなのか、多い時は一晩で7回くらい授乳をしていた時期もあり、ほとんど眠れず疲れがひどいこともありました。母乳育児には、食べ物や飲み物に気をつける必要があるのも事実です。甘いものや脂肪分の多いものを食べると母乳が詰まってしまう人もいますし、疲れを取りたくて栄養ドリンクやカフェインを摂ると母乳に出てしまい赤ちゃんも眠らなくなってしまうこともあります。

薬にも注意しなければならず、市販のものは服用できません。でも、赤ちゃんが母乳を必要とする時期は一生の中でもほんのわずかな期間です。その期間を楽しめたら良いなと思います。

とは言え、母乳至上主義ではありません。何らかの理由で母乳が出なくなってしまうお母さんもいますし、薬の服用などで母乳をあげられないお母さんもいると思います。そこは自分を追いつめて考えず、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんと接してあげれば良いと思います。

ミルクでの育児もメリットはありますし、ママが笑顔でいられる育児が最高の育児。一番大切なことだと思いますね。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク