ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

母乳でもミルクでも育児は愛情があれば大丈夫!

DSC_0853

まさか母乳が出ないとは!吸いにくいお乳に赤ちゃんも苦戦。

初めて出産した時のことです。出産した後、数時間して初乳を飲ませました。

とろみのある黄色っぽいミルク、いかにも栄養がありそうなミルクでビックリしました。

 

助産師さん曰く、これは赤ちゃんに大切な免疫成分栄養がたっぷり入っているから、これせ飲ませれば当面は大丈夫とのこと。これだけは十分に飲ませることができました。しかし、そのあとが出ない!まったく出なくなってしましました。

 

母乳マッサージなどもしましたが全然量が足りなくて悩みました。

毎日、授乳後赤ちゃんの体重を測定するのですが、ほとんど増加していないのです。

母乳は量の問題もありましたが、赤ちゃんの口の形と乳首の形が合わずうまく吸えないということも原因のようでした。

 

これはよくあることだそうで、大きさ、形、中には陥没型もあるそうで、私の場合はおそらくくわえにくい形だと言われました。

退院後に母子で努力する必要があるとのことで、前途多難な船出で不安がいっぱいでしたが、きっと大丈夫だと信じて産院をあとにしました。

 

退院してからも母乳はあまり出ず、かといって中でパンパンに張っているのでお乳は痛かったです。母乳が足りない分はミルクを与えてなんとか過ごしました。

今はキューブ状になっているそうですが、私が出産したころはいちいち計量しなくてはならず、最初は回数が多いので作るだけでしんどかったのを覚えています。

 

また、母乳ならすぐに乳首を含ませることができるのですが、ミルクは赤ちゃんが泣いていても作って冷ます作業があるので夜中に泣かれたときには辛かったです。

そして、どんどんミルクの比率が増えて、赤ちゃんも私も母乳レッスンを怠るようになっていきました。


スポンサーリンク

ミルクと母乳の混合授乳は便利です。赤ちゃんへの愛情の深さに変わりはなし!

世間では母乳育児が良いと言われ、完全母乳を必死に目指すお母さんも多いようです。たしかに経済的ですし、いつでもどこでもおっぱいをあげれる利点は素晴らしいですが、意外にミルクとの混合授乳は便利だと思います。

私の場合は母乳自体はあまり出なかったのですが、泣いたり期限が悪い時に乳首を含ませると安心するのか両手でおっぱいにつかまりながらスヤスヤ寝てくれました。その時の可愛さといったらたまりませんでした。まさに天使の笑顔です。

突然、2ヶ月目に赤ちゃんが感染症で入院してしまいました。特に、その時にはミルクがとても活躍しました。点滴や処置の関係で母乳があげにくい状況があったり、私自身が体調を崩した時も親戚に看病を後退してもらったのですが、この時も母乳だけだったら、どんなにしんどくてもその場を離れることはできなかったと思います。

母乳は冷凍保存もできますが、私が入院していた病院は設備が古くその作業をするのは難しく、ミルクがベストな選択でした。その後、急用や外せない大切な用事がある時も預ける先にミルクを託せば楽にお願いできるという便利さがとてもありがたかったです。

時と場合によって母乳とミルクを併用する。月齢がすぎるほどミルクが必要な機会が多くなり、助かりました。母乳育児の方が愛情が深いとか、将来優秀な子が育つということをまことしやかに話す人がいますが、科学的な根拠は解明されていないし全く関係ありません。

母乳もスマホゲームなどと同じような、「ながら母乳」では意味がないです。一方眠い夜に泣く子をあやしながらミルクを作るなんて母性がなければ何か月もできません。母乳でもミルクでも愛情の深さはまったく変わりません!

 

母乳育児の期間は短かったが、赤ちゃんは元気。ミルクを卒業したきっかけ

4ヶ月を過ぎたころ、赤ちゃんは再び感染症で入院してしまいました。これは内臓のある器官が未完成で生まれてきたことが原因で、ある程度成長するまでは仕方ないことだと医者に言われました。

そのころからか、今度はミルクを嫌がるようになり、さすがに困ってしまいました。そして助産師さんや産院のお医者さんに相談すると、「この子は3ヶ月で歯が生え始めましたよね。もうミルクより何か食べたいのかもしれないね、少し早いけど、離乳食始めたらどうでしょうか」と言われました。もう離乳食?と心配になりましたが、ミルクを飲まないのでは体重も増えないのでおもゆから初めてみることにしました。

ほとんどお湯のような10:1のおかゆです。おそるおそる一口スプーンで口に入れるとゴックン飲み込み、さらに口を開けたのです。「あ~ん、もう一口ほしい」っていうサインですが。最初は3口くらいと言われましたが、あまりほしがるので初日から10匙もあげました。幸いおなかを壊すこともなく離乳食を併用することに。それまで哺乳瓶からミルクを飲ませていのを、ミルクを温めてパンを少しだけ入れて食べさせたり、ミルクにかぼちゃのすりつぶしたものを入れたりと、ミルクから離乳食へと徐々にスライドしていきました。

おかげで離乳食移行のストレスが母子ともに全くなくその後はどんどん体重も増えて元気に育っています。結局母乳の割合が少なかったですが、今では背の高い運動大好きな少年に育っています。親子関係も良好で、ミルクでも十分子供は育つと実感しました。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク