ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

完母で育てるつもりが、出産直後のおっぱいケアの失敗で混合育児へと

完母育児から一転、二人目出産後は母乳に苦労

私は34歳で今年2人目の出産をしました。1人目は完母で育て母乳の出などに悩んだ事もありませんでした。そのため、2人目の時は母乳に関しては産んだら自然に出るものだと鷹をくくってしまっていました。

2人目の出産は安産で身体は凄く楽だったのですが、産後すぐに母乳が出ずその後1日たっても母乳が出ませんでした。

2日目の昼頃、ちょうど産後24時間くらいで右胸は初乳が少し出始めましたが左は全く出るけはいがありませんでした。

この時点では、1人目の時も左の方が出が悪かったからかな?くらいにしか思っていませんでした。しかし、夕方になり右は少しずつ張ってきてるのに左は全く出無いので助産師さんに質問しマッサージをしてもらいました。

 

助産師さんには「左は乳首がまだ硬いからそのせいかもね。母乳の出方もお産によって違うしまだ2日目だから気にしないで今はミルクを足しましょう。」との事でした。

私もそんなに気にせずミルクを足しながら一生懸命出ない左のお乳から子供に吸わせていたのですが、とにかく痛い…。吸わせるたびに激痛が走り、結局入院中は殆ど母乳は出ませんでした。

 

今思えばこの激痛が乳腺炎の始まりだったんだと思います。

退院後は産院で教えてもらった乳首を柔らかくする軟膏を塗り、ラップパックをして乳首ケアをしながらマッサージをしお乳吸わせ続けました。

 

退院2日目、お乳が痛いほど張るのに殆ど出ないまま、昼過ぎには39度の高熱が出始め左の乳の内側が真っ赤に晴れ上がりました。

これを見た母がビックリして慌てて病院に連れて行ってくれたのですが、病院でマッサージをしてもらった直後は母乳が出るのに、その後帰宅すると母乳は出なく止まってしまいました。


スポンサーリンク

辛い母乳マッサージ、痛みは出産時を超えていた

そして乳輪から乳頭にかけて触るだけでも激痛が走り、通常のマッサージをしても張りの割に殆ど出ないのを見た母が気づきました。実は初乳が乳首の部分で詰り、お乳が出る口を殆ど全て塞いでいるのではないかということでした。

入院当初からのあの激痛は詰まった乳首が腫れていたためだったようです。ここから10日間熱が下がったり上がったりを繰り返すのですが熱よりも何よりも詰りを出す作業が出産よりも痛く大変でした。

痛すぎて悲鳴が出るほどです。

 

それでもマッサージと絞るを繰り返すと初乳が半分固まりミミズの様に固形化して少しづつ出てきました。

あまりに固まっているので温めてから絞るようし、これを繰り返すのですが温めると張るため更に痛い。とてもつらい作業でした。

 

【混合育児】完母で育てたかった思いもありましたが、、

10日目に乳首の口がさっと全て開き熱も下がり始めました。でも、初めに詰まらせてしまった左のお乳は右のお乳と比べると出はありまりよくない状態となってしまいました。

このため、子供が大きくなるにつれ量が足りなくなり今ではミルクとの混合で対応しています。

 

自分は母乳が出るからと当たり前のように2人目も完母で育てるつもりだったことを考えるとショックを受けています。

出産後に右胸が出始めた時点で左もお乳の詰まりに気づいていればと後悔しましいたが、混合での育児にもいい点はあり、子供も問題なく育ってくれているので安心しています。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク