ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

思い出の母乳育児。二人の育児を経験して、卒乳について思うこと。

2753423

1人目、初めての育児。周りの影響から1歳で卒乳を行うことを決意。

現在47歳。二人の息子がおります。二人とももう大きくなってしまったので、卒乳はもうひと昔前の事になりますが、子育てをしていた中で、やっぱり忘れられないのが卒乳の思い出です。

31歳で最初の子を出産しました。初めての出産だったので、市で開催されている母親学級へ通い、お友達を作り、出産後も親子で集まったり情報交換などをして初めてで手探り状態ながらも周りと足並みを揃える感じで子育てをしていました。

長男を出産した病院が母乳育児を推奨している産院だったため、何も疑わずに母乳育児に入りました。最初の頃は母乳の出が悪く、母乳の出が良いお友達を羨ましく思いストレスがたまり、更に母乳の出が悪くなり、結局ミルクと併用しながら行っていましたが、自分のペースを作るようにし、3ヶ月を過ぎた頃から順調に母乳が出るようになり、それからは母乳1本で行ってきました。

最初の子ですから、何をやるにも周りが気になります。母親学級のお友達が1歳前後で次々に卒乳を始めました。気持ち的にはまだいいかなぁと思っていた私ですが、ちょっと焦ってきて、1歳の誕生日の後に卒乳する事にしました。

卒乳の方法としては、おっぱいにマジックで顔を描くという方法です。その方法が当時流行っていたからというのもあるんですが、長男は初めてマジックで描かれた顔を見てぎょっとしてそれから驚くほどすんなり卒乳ができました。

でも、その時の娘のぎょっとした顔、残念そうなさみしそうな顔は、今でも私の脳裏に焼き付いています。


スポンサーリンク

2人目、余裕をもったのびのびとした育児ができました。最後の育児、母乳は納得の行くまであげました。

その6年後、37歳で二人目を出産しました。年齢的にも最後の子育てになるとわかっていましたし、全体的に長男の時よりも余裕を持って周りを気にせずのびのびと子育することができました。

長男の時よりも母乳の出も最初から順調で、母乳だけなのに次男はぷくぷくに太っていました。長男の卒乳の時の事が忘れられず、次男は思う存分、子供がもういいというまで、そして私も最後の母乳育児に納得がいくまでのんびりやろうと決めていましたので、なんと2歳を過ぎてもまだ母乳を飲んでいました。母からは「まだおっぱい飲んでるのぉ?!」と批判的な言葉も投げかけられましたが、「いいの、いいの、最後の子だから」と気楽に構えていました。

さすがにそろそろかな、と思ったある日、「もうお兄ちゃんだからそろそろおっぱいとバイバイしようか」とやんわり言ってみたら、「うん」と言ってこれまたあっさりと卒乳しました。二人ともすんなりと卒乳できたのですが、違ったのは子供の顔です。

長男は先に書いたような顔でしたが、次男は小さいながらも卒乳をきちんと受け入れている顔でした。そして、私も気持ち的に納得行っていたし遅すぎたかもしれませんが、自然な形で卒乳ができました。

次男の卒乳を経験した後、長男の卒乳の時期と方法をものすごく後悔しました。子育てのほとんどは「絶対これが正しい」なんて事はないと思っています。だから周りや育児書などに左右されず、(小児科の先生や助産婦さんなどプロの意見を聞き入れる事は大事だとは思いますが)自分の納得いく方法でやればいいんだと思います。

1歳で卒乳した長男と1歳過ぎまでおっぱいを飲んでいた次男がその後、何か違いがあるか?と聞かれたら、答えはNOです。ですから、これから卒乳をする方、そろそろ卒乳しなくちゃと焦っている方、のんびり行きましょう。どーんと構えていれば大丈夫です。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク