ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

ミルクを飲まず強制的に母乳へ。始めは苦労がおおく大変な母乳育児となりました。

産後、全く出ない母乳に苦戦。我が子のため母乳メインで育児をスタート

私は33歳で女の子を出産しました。

元気でしたが少し小さめだった我が子。完母にこだわりはありませんでしたが、免疫などを考えると出来るだけ母乳をあげたいと思いました。

しかし、全く出ず、、

 

私が出産した産院は、母乳育児に力を入れていたので、助産師さんがマッサージや色々アドバイスもしてくれましたが、最初はこちらが泣きたくなる程出ませんでした。

産後三日目でようやく滲むようになり、退院時の母乳量は、必死に絞って小さじ一杯程度。

赤ちゃんに吸わせないと出ないと言われ、泣く度に咥えさせるのですが出ないので怒って泣く赤ちゃん。

産後の体力の回復もしていない時期にまとまった睡眠も取れず当然疲れも取れず。完母にこだわりはないはずが、あげなければこのまま出なくなるかもという思いでどんどん追い詰められていくようでした。

 

母やパパに話しても、なかなかつらさをわかってもらえず。

母乳が足りないならミルクにしたらいいじゃない、お腹を空かせて赤ちゃんが可哀想、などなど言われました。違うんだけどなと思いつつ、自己満足で娘に可哀想なことをしているのかと悩み、孤独を感じる日々。

インターネットで体験談を検索しては励みにしていました。


スポンサーリンク

【ミルク拒否】混合から完全母乳へ母乳の量を増やすた努力しました。

1ヶ月検診が無事終わった頃でした。ミルクの飲みがあまり良くないなと思っていたところ、ある日全くミルクを飲まなくなってしまったのです。

哺乳瓶が合わないのかと、別の哺乳瓶であげてみましたが拒否。コップでも飲まず。ちなみに搾乳したものを哺乳瓶であげても飲まず。

直接母乳しか受け付けないという事態になってしまいました。

 

その頃は授乳回数は日に8回程、左右10分ずつくらい飲ませた後、ミルクを60cc程足していました。

それがいきなりゼロに。

順調に体重が増えてひと安心していた私は青ざめました。それからは、とにかく母乳量を増やすことに努めました。

まず授乳回数を増やし、泣いたら授乳を繰り返して1日15回以上飲ませました。飲み物は全て温かい小豆茶に、1日2.5リットル以上飲むようにしました。

母乳をあげているとすごくお腹が空きますが、太り過ぎを気にして食べるのをセーブしていましたが、それを止めて目一杯食べるようにしました。

 

食べ物の内容は、油ものなど母乳の出に影響のあるとされている物は避けるなど気にしながら、とにかく量を食べるようになりました。

ご飯は出産前の2倍以上食べていたと思います。

そして、とにかく身体を冷やさないように気をつけ、マッサージをしました。その甲斐あってか、段々と母乳量が増えていき、その後も体重は順調に増えていきました。

 

病気もせず元気に育った我が子。苦労した母乳育児も幸せな思い出です。

そんなおっぱい大好きな娘でしたが、離乳食が三回食になった頃から授乳回数が段々と減っていき、2歳になる頃に自然に卒乳していきました。

添い乳をしていましたが虫歯になることもなく、健康そのもので、2歳を過ぎるまで発熱することも一度もありませんでした。これも母乳の免疫のおかげだったのかなと思っています。

 

母乳育児中じわじわ増えていった体重も、母乳を止めたらお腹が空かなくなり、自然と元に戻りました。スタートは苦しい母乳育児でしたが、娘が満足するまで続けられて良かったです。もう少しミルクも飲んでくれてたら、パパにも授乳する幸せを味わってもらえたなとも思いますが、おっぱいが大好きというのも娘の個性だったのだろうと受け止めています。

長い育児期間の中で授乳をしていられる期間はわずかで、あの一体感はもう味わえないだろうと思っています。子供の成長とともに手がかからなくなっていき、喜ばしい反面少しの寂しさも感じる中で、懐かしく幸せな時間として思い出します。

もし今、母乳育児でつらい思いをしている方がいらしたら、出来るだけ力を抜いて限られた時間を楽しんで過ごせると良いなと思います。赤ちゃんとママが元気でいられるのが一番です。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク