ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

焦りは禁物。なかなか軌道に乗らない授乳に苦労連発

2718518

待望の妊娠、待ちに待った出産、初めての育児は楽しみと期待、そして不安一杯です。

慣れない授乳に授乳室なのにドキドキ

初めて子どもを出産したしました。一番苦労していることが授乳です。

周りが母乳育児ブームであったこともあり、なるべく母乳で育ててみたいと思ってはいたものの、母乳育児のコツなどを教えてもらえる環境ではなく、ネットなどで得た情報をもとに試行錯誤を繰り返しながら授乳をしていました。

しかし思い通りに赤ちゃんにおっぱいをあげられず、そのためか赤ちゃんにうまく乳首をくわえてもらえず、本当に苦戦しました。

 

そんな中、家族でお出かけをすることになりました。まだ生後二か月の乳児でしたので、2時間に一度という頻度での授乳が必要でした。

 

なのでもちろん外出先でも授乳が必須でした。授乳室があるデパートを選んではいたのですが…授乳がうまくできない私は、ケープを付けるどころか、上半身に衣服を付けた状態での授乳すら難しい状況でした。

なので、授乳室という場所ではありましたが、個室ではなかったため、いつ他の方がくるのか物音がするたびにドキドキしながら授乳していました。

 

その時は何とかほかの方とバッティングすることはなく、無事授乳を終えることができました。授乳室という場所があるのはありがたいのですが、ぜひ個室で用意していただけると助かるなぁ・・・と思いました。

こういうことも、自分が母になり、しかも授乳が軌道に乗り切れていない時期ではないと気付かないことでした。

 

ぜひ赤ちゃんルームを新設するときは、授乳期ママの意見もしっかり聞いていただき、予算の限り希望にかなったものを作っていただけると、多くの皆さんが使用しやすくなると感じました。

 

授乳前、おっぱいが張ってる。でもこのままではダメなんです…

他にはこんな悩みも、授乳初期のお母さんにしかわからないことかとは思います。授乳したての頃は、おっぱいの量が十分ではありません。

でも、時間になるとだんだん張ってきて、それは熱感や痛みを伴うこともあります。私の出産時期は冬だったせいもあり、体が冷えやすかったためか、乳腺がつまりやすく、授乳の前におっぱいマッサージをしないと、思い通りにおっぱいが出きらないことが良くありました。

なので、授乳前のおっぱいマッサージは産後半年くらいまでは、毎回習慣として行っていました。もちろん、上半身の着衣はほぼない状態で行いました。

でもおっぱいマッサージとなると産院によって推奨しているところもあれば、そうでないところもありますので、人によっては「何をやっているんだろう…」と思われるのです。

 

それは、外出先でも授乳とセットで行うわけなんですが、上半身着衣なしで行う授乳よりも、より人に見られたくないものでした。

 

「何とかせめておっぱいの張りがほぐれるまで、誰も来ませんように…」と毎回祈るように手早くおっぱいマッサージをしていました。

 

授乳前にマッサージをやったのとやらないのでは、おっぱいの出が全く違うので、これもまた譲れないことでした。

 

授乳後に事件は起きた!授乳パットのズレからあわや大惨事に

これも本当に育児初心者だからこそ起きてしまった恥ずかしい話です。授乳を何とか終え、ホッと一安心。

手早く身支度をこなし、赤ちゃんと共にパパのもとに行きました。しかし、時間が経つと…ん?なんだか胸の辺りが冷たいような…気はしていたのですが、あまり気にせずショッピングを続けました。

 

そして赤ちゃんをベビーキャリーから下ろした瞬間、「あ!」なんと胸の辺りがびしょびしょになっていました。

はじめは何事が起きたのかわからず、赤ちゃんが嘔吐したのかとすら思いました。でもそうではありませんでした。それは、授乳後に慌てて身支度をしたために、授乳ブラの中に忍ばせて置いた「授乳パット」がずれてしまい、時間を追うごとに張ってきたおっぱいから、徐々に母乳があふれ出てきて、下着を通り越え、トップスまで濡れてしまっていたものでした。

 

その時はたまたまベビーキャリーで赤ちゃんを前抱っこしていたので、周りの人に気づかれなかったのでラッキーでした。

赤ちゃんの着替えは2回フルで着替えても大丈夫な量の衣服を持参していたのですが、まさか母の私の衣類が汚れてしまうことは想定していませんでしたので、私の着替えは全くありませんでした。仕方がないので、お店で私の服を購入することになりました。

トホホ…

 

育児初心者からの焦りから起きた事件でした。この他にも小さな失敗は数知れません。しかし、少しずつ育児に慣れ、自分と赤ちゃんに合った育児スタイルが築けて行けました。

一人で不安なママも少しずつ焦らずゆっくりと自分スタイルの育児を目指していければいいと思います。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク