ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

幾度となく経験した乳腺炎。経験から教訓にしたいこと

2099150

現在、4歳と1歳の兄弟を育てている主婦です。上の子を出産し入院後から母乳育児を始め、少しずつ軌道に乗り始めてきた時の話です。

おっぱいがガチガチになる。一週間後に乳腺炎を経験しました

上の子は4キロを超えて生まれた為体も大きく、入院している時からおっぱいの飲み方も上手だと助産師さんから太鼓判を押されていました。

その為、私も初めての母乳育児でしたが幸い上手に良く飲んでくれる子だったので、母乳量も自然と増えてきて私もだんだんおっぱいを上げるのが上手になってきました。

 

ところが、退院してから一週間が過ぎたあたりで、胸の谷間あたりにしこりを感じました。

もしかしたらおっぱいが詰まってしまったのかもしれないと思い、しこりを押しながら子供に授乳するようにしたり、冷やすようにしていました。

 

ところが、とうとうしこりがガチガチに硬くなり私も38度の高熱を出してしまいました。

ネットで調べた所、どうやら乳腺炎だという事が分かりました。とにかく詰まったおっぱいを出してしこりを解消しなければいけなかったので、子供に飲んで貰うのと同時に、葛根湯を飲んだり湯船につかりながら思い切りおっぱいを絞りました。

すると、湯船で黄色い色をしたおっぱいが沢山でてきて、しこりも徐々に無くなりました。

その後は、体調の回復し、おっぱいの違和感や痛みもありませんでした。


スポンサーリンク

卒乳時期には特に注意が必要です!

上の子が一歳前後のときの話です。離乳食も一日三食まで順調にすすみ、とてもありがたい事に何でも好き嫌いなく沢山食べる子だったので自然と一日の授乳回数も減っていきました。

1歳になったときには、授乳は夜寝る前の一回のみになっており、昼寝をしなかった日や疲れてしまっていた日には、授乳による寝かしつけをしなくても、自然と寝てしまう事も多くなったため、そのままの流れで自然と卒乳してしまいました。

 

このころには既におっぱいが張るという事もなかったので、そのままにしておいたのですが子供がおっぱいを飲まなくなって一週間を過ぎたあたりで右胸にしこりを感じました。

そして、その夜右胸のしこりがガチガチに硬くなって熱くなり、高熱が出ました。

 

古いおっぱいが詰まってしまい乳腺炎になってしまったのです。2度目の乳腺炎です。翌日、慌てて出産した産婦人科の母乳外来に駆け込み、助産師さんにおっぱいを見て貰いました。

思い切りマッサージしてもらった所、乳腺のつまりが抜ける感覚と共に古くなったおっぱいが出てきてしこりもすっかり無くなりました。

 

子供が卒乳したばかりの時には、おっぱいはまだ作られるているのに出す機会がなくなるため乳腺炎になりやすいそうです。

卒乳して初めのうちは、お風呂で古いおっぱいを絞ったり食事量を減らす様にして、おっぱいの製造を徐々になくしてあげる事により、乳腺炎を防ぐことができるかと思います。

 

食べ物によって起こる乳腺炎。決して珍しくありません

上の子の時に悩まされた乳腺炎でしたが、下の子の時には今までの経験を踏まえて対策をしていました。

しかし、下の子が3~4ヶ月頃の時に2度、乳腺炎になってしまいました。

 

けれども、その2回の乳腺炎になった時に共通していたのが、私の場合はカレーや揚げ物などの油っこい食事を食べすぎてしまった時でした。

自分の気の緩みから引き起こしてしまった乳腺炎でした。食べ物によっておっぱいが詰まってしまうという事は決して珍しくないようで、私の様に油っこい食事で詰まる方や甘い物や乳製品で詰まってしまうという女性も多いそうです。

中には何を食べても全然平気というママもいますし、油断するとすぐに乳腺炎になってしまうというママもいます。

 

私はどちらかと言うと乳腺炎になりやすい方だったのかなと思います。また、食事をできるだけ質素にしていても赤ちゃんが小食だったり少しずつしか飲まない場合、作りすぎた母乳が溜まってしまって乳腺炎になってしまう事もあります。需要と供給のバランスが大切ということですね。

 

私はその後、油っこい食事の時には適量を守るようにしました。また、あまりストレスを溜めた育児をしない様に心がけました。それが効果があったのかは分かりませんが、下の子が一歳を過ぎて卒乳するまで、その後は一度も乳腺炎に悩まされる事はありませんでした。

卒乳の時には上の子の時の教訓を守り、授乳回数が減って来た時にも、搾乳して不要になったおっぱいを出してあげたり、食事の量を気を付けるようにしたことにより、卒乳後も乳腺炎になることはありませんでした。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク