ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

外出先の授乳での失敗から学んだこと

3793279

一ヵ月検診も終わって、旦那の車で初めてのお出かけをした時のことです。

人目が気になる。駐車場での車内授乳

オムツや哺乳瓶、着替えなどいろいろな荷物を入念に前の日から準備しました。私は混合だったので、授乳ケープも忘れずに入れました。

やっとできる外出にワクワクしていました。そしてお出かけ当日、息子もご機嫌で車に乗り、安心して出発。

しかし途中でお腹が空いたのとオムツが気持ち悪かったようでぐずり始めてしまいました。

 

しかし、まだ目的地についておらず授乳するにはどこか駐車場などに入って授乳するか目的地まで気をそらすかどちらかしかありませんでした。

一旦駐車場などに入って授乳しようかと思いましたが、なかなかそのような場所が見つからず目的地まで数分という距離まで来ていたので、おしゃぶりやおもちゃなどで気をそらしていました。

やっとの思いで目的地に到着。ずっとガマンしていたので急いであげようと思い、駐車場での授乳にしました。母乳をあげようと思いましたが授乳ケープは持ってきたものの、他の人の目が気になって使えずミルクを少し多めに作って飲ませました。

そして全て飲みきりご機嫌になったので抱っこ紐で店内へ。

よく見ると、トイレの横に授乳室がありました。

 

事前に調べていれば、もっとゆっくりあげられたのかなと思いました。


スポンサーリンク

赤ちゃん用品専門店は安心して授乳できる設備がありますね!

2回目の外出の時、前回の失敗を生かし事前にしっかりと準備しました。まず、母乳をあげられるかどうかわからないので哺乳瓶や粉ミルクは多めに持って行きました。

家とは違いすぐ洗って消毒ができないので3本プラス使い捨て哺乳瓶を車に積んでおきました。

 

我が子の用品をゆっくりと見たかったためと、そのあとに旦那の実家に寄らなければいけなかったので多めに持っていきました。

また授乳室があるかどうかも確認しました。幸いにも2回目の外出時にも目的地に授乳室があったので、駐車場であげることはありませんでした。

また、授乳室があるだけでなく調乳用のお湯の設備もあり白湯だけあればミルクが作れることがわかり持ち出す荷物は減りました。

荷物が減ったため我が子を連れての買い物がラクになり予定通りゆっくりと買い物ができました。

 

これは赤ちゃん用品専門店のフロアだったというのも大きな要因だと思います。

私も息子もゆったりした気持ちで授乳ができ、とても安心できました。また授乳室もひと部屋だけでなく何部屋かあるので待つことなく授乳ができ、カーテンで遮ることができるため人の目を気にせず授乳することができました。

 

外出先でも両方飲ませることができ、我が子も安心したのかゲップを出している最中に寝てしまいました。

前回の外出と比べてとても安心してスムーズに授乳ができました。

 

(外出先での授乳)成功と失敗を踏まえて

初めての外出のあと、外出する際は多めに持って行くことが肝心だと思いました。荷物は多くなるので面倒だしなおかつ重いですが、アタフタするよりかはいいのではないかと思います。

 

今回は比較的近場の外出でしたが、遠出の外出ではもっと何があるかわからないと思います。授乳室がないところで授乳をしなければならないかもしれません。

そういう時に必要な物を事前に用意しミルクや哺乳瓶などは多めに持っていると安心だと思います。

 

外での授乳の必需品ともいえる授乳ケープは、いつも持ち歩いていた方がいいと思います。旦那の実家にお世話になったときに、授乳の方法に悩みましたが授乳ケープがあったおかげで他の人の目を気にせず、母乳を飲ませてあげることができました。

必ず最低1枚は持っているといいと思います。

 

また授乳ストラップも授乳中にとても助けられました。授乳服じゃなくても授乳服のようにできるので、服を脱ぐことなくまたワンピース以外ならばどんな服でも授乳ができるので大変重宝しています。

この2点を購入しただけでも授乳する際の快適さが大きく変わりました。

 

本当に購入してよかったです。

外出時には家での授乳とは違うことや思いもよらない事態もあると思います。事前に調べたりシュミレーションすることにより慌てることも少なくなりますね。

赤ちゃんとの外出には事前の準備、心構えが大切だと思います。


スポンサーリンク

 

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク