ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

我が家の赤ちゃんの好きなこと、好きなものいろいろ

まだまだママっ子な我が子。夫の助けも借りながら日々楽しい育児生活を送っています。

髪の毛と耳とおっぱいと

我が家の赤ちゃんの一番のお気に入りは、私の髪の毛です。

細くて柔らかいくせっ毛なのでちょうど手にまとわりつきやすいのか、抱っこしていてもおんぶしても横になってもぎゅっとに握っています。

 

まるで電車やバスのつり革のようです。

たとえぐずっても、ぎゅうっと抱きしめればほら目の前に…という感じで、すぐにもてあそび始めます。つかむほどの髪の毛がない短髪の主人はとてもうらやましがります。笑

 

これでは、髪を切るわけにはいきませんね。

今NHKで放送されている「べっぴんさん」のももクロの百田夏菜子ちゃん演じるりょうこちゃんの赤ちゃんも、よく夏菜子ちゃんの耳や髪の毛を触っていますよね。

我が家の赤ちゃんもあの状態です。

あれを見ると、赤ちゃんってママがいれば十分遊べるんだなって思います。先に挙げた髪の毛や耳の他、指や手や最たるものはおっぱいでしょうか。

 

うちの赤ちゃんは、毎晩あお向けになった私の胸の上に乗り髪の毛を右手で握りって左手でおっぱいを触りながら寝付きます。

いつまでこれをやるのでしょうか。

最近は結構重くて苦しく感じることもあります。でも、母としてとてもあたたかく幸せな時間でもあるのです。


スポンサーリンク

バウンサー登場で劇的に変わった抱っこ

ありていに言うと、神経質な赤ちゃんなのかもしれません。我が家の赤ちゃんは、先に書いたように、夜は、私に乗っかって眠りにつきます。

それ以外は抱っこをしていないとなかなか寝てくれないのです。やっと寝付いたと思って、そうっとそうっと細心の注意を払いながら静かにベッドに置くと途端に「ふえっふえっ」と始まります。

 

日によっては、起きていても抱っこ寝ていても抱っこという調子で何も手につかない日もあります。というか、こういう日が珍しくないのです。

正直困ったなと感じることもあります。

 

特に、夫が困っていたのが夜、私が入浴しているときに赤ちゃんが目を覚ましてしまった時です。完全なお母さん子である我が家の赤ちゃんは、殊に夜は夫ではどうにも満足してくれませんでした。

赤ちゃんが泣き疲れて寝てから、私が上がった方がいいだろうと思い少し様子を見たこともあるのですが何時間でも割れそうな声で泣き続けました。

 

諦めて湯から上がると今にも死にそうな疲れ切った表情の二人がこちらを見たのでした。ところがそれがある日、感動的に変わります。

まるで魔法みたいでした。

 

友人宅でたまたま使わせてもらったバウンサーが、抱っこの代わりをしてくれるようになったのです。

もちろん基本は変わりませんが必要な時にバウンサーが助けてくれるこの幸せ。おわかりいただけますか。

 

一本のペンでご機嫌。絵本の朗読や歌もうたいましょう

赤ちゃんがぐずった時の特効薬はやはり抱っこだと思います。外の景色を眺めながら話かけたり、やさしく揺らしながら歌を歌ったりするのはやはり一番効果がありますね。

 

それ以外では、手遊びのような手や身体を使う遊びが好きなようです。やさしい時間が好きなんだなと思います。主人はテレがあるのか、あまり歌をうたってあやしたりはしません。

私がいないときには歌っているのかもしれせんが。歌もとっても喜ぶので歌えばいいのにと思うのですが、ひたすら話しかけているようです。

 

主人の得意は、お風呂で遊ばせることと絵本を読んでやることです。

絵本は魔法のおもちゃだと思っています。読んでいる間だけでなくそこになくても、一つのフレーズを暗唱するだけで「それ、なんだっけ?」「あ、あの本ね」とでもいうような表情をしてぐずりかけていてもにっこり笑うんですよ。

 

記憶で共感しあえるなんてなんて高度な遊びでしょう。主人も絵本を介しての遊びはとても得意で、よく遊んでくれます。お出かけの時には、ぐずり対策に小さい本やノートを持っていきます。

 

落書きしたりするためなのでシンプルなノートです。そこに好きなキャラクターや動物などを書いて楽しみます。一緒にペンをもってぐじゃぐじゃに書きなぐることもします。

赤ちゃんは毎日成長、色々な発見があります。これからも笑顔がたえない幸せな育児生活を贈りたいですね。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク