ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

授乳は最初に行われる母と子の共同作業。いつまでも忘れることはありません

 

私は51歳、息子は24歳になりました。生まれた時は2850gの小さな赤ちゃんでした。

すごい吸引力!ママになって初めての授乳は物凄く痛かった

初めての授乳、赤ちゃんがママの乳首を吸う強さにびっくりしました。痛いのなんので悲鳴をあげました。

赤ちゃんには吸啜反射があって、口に含んだものを吸ってくれます。赤ちゃんが生まれ持つ反射が、授乳を可能にしているのです。人間のもつ本能って素晴らしいものです。

 

あまりに吸引力が強かったので、乳首の先も切れて痛かったです。

でも、一生懸命お乳を飲む我が子が愛らしくてしかたありませんでした。人工乳は、病院から頂いた最初の一缶を使っただけで、母乳でほとんど足りていました。

 

最初に痛かった授乳も、身体も気持ちも慣れてきて、自然とお乳を出して授乳出来るようになりました。

 

不思議なもので、出産すると、あまり気にすることなくお乳がだせました。

普段なら恥ずかしいと思える行為なのに、自然とお乳が出せるのです。母は強しと思いました。

 

授乳中は、よくお腹もすきました。妊娠で増えた体重も、授乳と共に減っていきました。美味しい牛肉やカロリーの高いものを食べると一気にお乳が張ってきました。

 

授乳中はよく食べたけど、体重も増えることなく、栄養を与える事ができました。


スポンサーリンク

授乳中はママと赤ちゃんのコミュニケーション

息子が6か月頃だったでしょうか。

最初は無心で飲んでいた母乳も、ママの目を見ながら飲むようになりました。時々あやしていると飲んでる途中で笑い出し、また乳首に吸い付いていました。

 

ある時、母乳も満たされたのか、私の目を見ながら、思い切り乳首を噛んできました。勿論私は悲鳴をあげました。最初はそれで終わったのですが、私のお乳を思い切り噛んで私が悲鳴をあげたあと、ニタッと笑う息子がいました。

確信犯でした。ママが悲鳴上げるのを喜んでいたのです。私はかないません。噛んできたら、指を突っ込み、叱った後授乳を中止にしました。

 

その後、何回かは痛い思いもしましたが、徐々に噛むこともなくなり一時でおわりました。

 

授乳が母乳だと楽な一面もありました。夜間眠たい時、子供が泣けば、お乳を出すだけで吸い付いておとなしく寝てくれました。息子は夜泣きもなく楽な子育てでした。

 

でも一度、痛い思いもしました。息子も寝とぼけていたと思います。

 

目が覚めたら、息子も目が覚めていて、私のお乳を狙っているようでした。私もお乳を出して横になっていたら、息子の頭が、私の頭をめがけてまっすぐに落ちてきました。

私は頭が割れるくらい痛くて悲鳴をあげているのに、息子はそのままねてしまいました。子供の頭は石頭だと学習しました。

 

いつかはやってくっる、ママからの乳離れ

乳離れの基本は、1年で離乳出来ているのが理想です。さすがに1年も超えてくる頃には、お乳の出も減ってきてるし、大人と同じようなものも食べ始めています。

しかし私はなかなかお乳をきる気にならなかったし、まだ出てたし、息子は欲しがるし、1年超えてもまだ授乳してました。

 

周りの人が、お乳にからしやわさびを塗ったというのを教えて頂きましたが、そんなかわいそうな事は出来ません。欲しがる息子に厳しく拒否も出来ませんでした。

 

でも、お乳欲しがった時は、「ないない」と言うのを何度も繰り返し月日は流れていきました。姉からは「過保護」と言われ、「甘やかしすぎ」とも言われましたが、可愛いものは仕方ありません。

 

息子が納得して辞めるのを待とうと思いました。

そして結局授乳期間は1年10か月続きました。母乳の役割十分果たしました。

 

息子も現在24歳、小さくて可愛かった赤ちゃんが、すっかり大きくなりました。

 

授乳期間は長かったけれど、特に問題なく成長しています。ただ、授乳が終わっても、おっぱいを触るのはなかなかやめられず、小学校入学くらいまで私のおっぱい触ってました。

小学校入学して、担任の先生のおっぱい触ったみたいで、家庭訪問の時に注意を受けました。母乳・授乳は母と子を結ぶかけがえのない大事な時間でした。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク