ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

【完母育児】1歳2ヶ月となった娘の成長記録

 

第二子となる娘が産まれ、乳児育児が再スタート。これから毎日寝不足になることを覚悟していました。

 

産まれてから半年までの様子

しかし、意外にもよく寝れる日が続きました。というのも娘は昼間は小刻みに起きますが、夜は3時間程度まとまって寝てくれるタイプでした。

これはママとしてはとてもありがたかったです。

 

娘は第二子ですが、上の子は昼夜問わず酷いと1時間おきに泣かれていたので、それに比べると娘は本当によく寝る子でした。

首は3ヶ月で座り、寝がえりは4ヶ月ころにマスターしました。でもまだ寝返り返りは出来なかったので目が離せなくなったことは言うまでもありません。

 

娘は乳児湿疹もなく、便秘もなく、完全母乳のおかげか風邪もひかず(鼻水は垂らしてましたが医者に連れて行く程ではないと判断)、おっぱいもよく飲み、よく寝てくれる、多少ほっといても泣かない。なんて手のかからない子なんだと思いました。

 

ありがとー!と思いましたね。

上の子が乳児湿疹も酷く、便秘も酷かったせいもあります。それとついつい比べてしまうんですよね。

2人目の育児が始まると大変だとほかのママさんから聞いていましたが、私は特に問題なくこなせていました。

 

唯一大変だなと思ったのは、子供2人を同時に風呂に入れる時です。まだ首が座る前は、娘をバウンサーで脱衣所に待機させます。自分が洗い終わったら娘をバウンサーから抱きかかえて洗います。そして一緒に湯船に入り、一緒に上るという形でした。

首が座れば、お風呂用の空気椅子で待たせますが冬は寒そうです。たまにシャワーをかけてあげながら自分は瞬殺で洗い終わらせてその後、娘を洗いその後は同じく一緒に湯船に浸かり、一緒に上がっていました。

 

離乳食が始まり、授乳回数を減らしていくぞ!

2人の育児をしていたこともあり面倒なので6ヶ月から離乳食をスタートさせてみました。どうかなーと思いましたが、意外にもすんなり食べるんです。順調に進んでいく離乳食。

しかし困ったことに、市販の離乳食を全く食べてくれないのです。しかも夏だったので手作りの離乳食を持ち歩くには抵抗がありました。

なので2回食になった7ヶ月以降は、手作り離乳食を持ち出すことを避けて遠出や外食が出来ませんでした。

そして8ヶ月頃になると、全く食べてくれない時期に突入しました。今までガツガツ食べていたのに、日によっては一口食べたら終わる日も。

 

全く食べないときもありませしたが、無理に食べさせようとするのはよくないと聞いていたので、食べないなら食べないでいいや!と思うことにしました。

その後、この全く食べない期間も11ヶ月頃に無事終了し、またガツガツ食べるようになってママは一安心しました。

 

そして、次の目標は断乳へ向けて、授乳回数を減らしていくことでした。1歳頃を目標に行いました。11ヶ月の頃の授乳回数は朝、夜の計2回でした。

しかし夜泣きが酷く2、3時間おきに泣いて起きるのでその度に授乳をしていました。12ヶ月になると朝の授乳はなくすことができ、夜寝る前の1回だけでしたが、まだまだ夜泣きが酷く夜の授乳が減る気配はありません。

日中は授乳しないので、夜にはわたしの胸はパンパンに張ってしまい困りました。でも夜泣きしても授乳すればすぐ寝てくれるので、なかなか辞められず・・・。

 

まだまだ断乳できそうにありません。

 

断乳を決意!健気な子供の姿に感動。そして1歳を迎えさらに可愛さ爆発です

1歳を迎えた頃、寝不足を覚悟で夜の授乳をなくしていこうと決めました。夜泣きされても抱っこで泣かせます。

しばらく抱っこをしていれば腕の中で寝てくれました。そして、3日も経てば夜泣きはなくなり、久しぶりに朝までぐっすり寝ることが出来ました。

 

これには感動です!泣かずに気づいたら朝なんです!

 

一瞬、夜泣きに気づかなかったくらいぐっすりと寝てしまっていたのかなと思うほど。しかしこれまでどんなに疲れていて寝不足でも娘が泣くとすぐに気づいていましたので(夫は気づかず寝たままのことが多々ありましたが笑)夜泣きはなかったことは確実でした。

 

いつ以来だろうと記憶をたどると、妊娠前まで遡りました。なので2年近くわたしは朝までぐっすり寝ていなかったんです。

ぐっすり寝れるって幸せだなぁと本気で思いました。

 

そして1歳1ヶ月で断乳をしました。やり方は毎日カレンダーを見せて、この日だよと教えるだけです。

本人はキョトンとしていましたが、毎日続けることが大切です。断乳1週間前くらいから指しゃぶりが始まりました。

 

そして、断乳当日の夜も指をしゃぶりながらすんなりと寝てくれました。子供はちゃんとわかってるんですねぇ。おっぱいに代わる安心材料が指しゃぶりだったんですね。

この健気な姿勢にママは泣けてきました。

 

運動量も増えてきて、けたけた笑うことも多くなりだんだんと知恵もついてきて悪さをして見つかればニヤリとしたり、1歳2ヶ月の今は可愛さ爆発の時期です。

母乳の効果なのか現在でも大きな病気にもならず、今では上の子よりもご飯を食べます。この調子でスクスク大きくなぁれ!


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク