ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

完母で育児はとにかくあげる、ひたすらあげる

私の初めての出産は、産婦人科医院ではなく助産院で出産をしました。

 

助産院入院中は“おっぱい合宿”を経験。母乳育児の不安はなくなりました

出産後に助産師さんに言われたのは「これからの4日間の入院中は“おっぱい合宿”だからね」でした。つまり、助産院で入院している間に授乳の仕方を母子で覚えるということです。

助産院は基本的に母乳保育をすすめています(かといって出ない人につらくあたったり、叱られるということは一切ありません。一緒に出す方法を考えてくれます)。

 

どうやったらたくさん母乳が出るか、どの飲ませ方ならママが楽か、赤ちゃんはどうやったら飲みやすいかを教えてもらいます。

 

またおっぱいが張って辛いときや乳首が切れてしまった時の対処法を指導してくれたり、母乳が出やすいようにマッサージもしてくれます。ちなみにこのマッサージはものすごく痛いです。痛みに強いと医者にも言われる私でも泣きが入りそうなほどでした。

退院した後も電話やメールでなんでも相談に乗ってくれました。おかげで母乳についてほとんど不安を感じずに育児ができました。

助産院で出産した人はもちろんのこと、私が出産した助産院をはじめとして多くのところでは他で出産した人の母乳育児に関する相談に乗ってくれます。もし母乳育児について悩みが合ったり相談したいことがあったりしたら、こういったところを頼るのがいいのではないでしょうか。

 

助産師さんの教えは「とにかく飲ませる!」

助産師さんが教えてくれたことは、「とにかく飲ます」という一言につきます。赤ちゃんが飲みたがったら、時間や量などは一切関係なく飲みたいだけ飲ませてよいと言われました。

ですので赤ちゃんが泣いたらすかさず母乳を飲ませました。ちなみに飲ます前におっぱいを拭くなども一切していません。ママが楽なのが一番、と助産師さんはいつも言っていました。

 

量については、少なく見えても健康で体重が増えているなら問題なし、飲みすぎが不安でも母乳は哺乳瓶より飲むのに体力を使うからそんなに心配する必要なしとのことでした。

 

同時期に出産した妹は飲ませたミルクの量を手帳に細かく記入していましたが、私はまったく気にしませんでした。うちの子は生まれた時からかなり小柄で小食です。

母乳も少ないかなと思ったりしましたが、とにかく元気です(2歳から保育園卒園までの4年間で、休んだ日数が合計4日しかありませんでした)。

 

飲ませる時には同じ方向だけでなく、色々な抱き方をして飲ませるように教えてもらいました。普通の抱っこだけでなく座らせて縦に抱いたり、脇に抱えたり、寝ながら添い乳させたりしました。これはママの身体の負担を減らす上でもとても大切なことです。

 

また授乳クッションはとても役に立ちました。授乳の時だけでなく、お座りをさせるときの補助椅子かわりにもなりますのでおすすめです。

 

毎日行う母乳育児、結局楽じゃないと続かない

母乳育児の上でトラブルは多少ありましたが、これも助産師さんが対処法を教えてくれました。おっぱいがはれて痛くなった時には保冷剤で冷やしました。

乳首が切れて痛いときには、馬油をつけました。馬油は口に入れても大丈夫なものなので安心なのです。

 

家にいるときはズボンの替えゴムを大きめのわっかにして首に下げておき、飲ませるときにはシャツなどの下からゴムの端を出して首にかけると、シャツを簡単にめくった状態にできてとても便利でした。人には見せられませんが…

 

夜、子供が起きてしまった時もすかさず添い乳で授乳です。おかげで夜泣きというものをほとんどしませんでしたし、親も起きずにすむので本当に楽でした。

生後8か月から託児所に子供を預けながら仕事に復帰しました。託児所に朝ついたらまず授乳をして、昼間は搾乳したものを飲ませてもらっていました。託児所や保育所を考えているのなら、そういったことに対応してくれるかは必ず確認をした方がいいと思いました。

 

周囲の手助けや理解のおかげで、うちの場合2歳すぎまで授乳していました。もちろん1歳すぎたら食事(離乳食)をしていたので、まあ精神安定剤+睡眠薬のようなものです。

ほぼ完全母乳でいけたのは、助産師さんが「とにかくあげる、ママが楽なのが一番」と教えてくれたおかげです。母乳育児を頑張るママさんたちには気負わずあきらめず、1、2年たらずしかない母乳期間を乗り切ってほしいなと思います。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク