ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

母乳は簡単に出るだろう。赤ちゃんを産めばおっぱいが出ると思っていました。

私は現在、2人の息子がいます。

 

出産後、全く上手く行かない初めての授乳

長男を妊娠中、検診を受けていた産婦人科で「赤ちゃんが生まれたら母乳育児、ミルク育児、混合のどれが希望ですか。」という質問に、「完全母乳で頑張りたいです。」と答えていました。

 

現代は母乳推進、母乳に勝るものはないと思っていたのでできる限り自分の母乳で子育てがしたいと思っていました。

 

そして、出産を乗り越えママになった喜びを噛み締めながら、いよいよ初めての授乳の時。全くの未経験なので何をどうしたらいいのかがわからない私に看護師さんがついてくれて、手ほどきを受けながらおっぱいをくわえさせてみました。

しかし、全くうまくいかず乳首を口にくわえてもすぐに放されてしまいました。

 

なんとかタイミングがあって乳首を口の中に入れることに成功するも、ちゃんと吸われている感覚がありませんでした。

 

なんとなくこんな感じなのかな、といったところで初めての授乳は終了しました。その後、赤ちゃんの体重を測ってみるも全く増えていませんでした。

ということは全然飲めていないということですね。看護師さんから乳首マッサージをしてもらいましたが、これがものすごく痛かったです。

 

どうやら私の乳首はもともと陥没気味だったらしく、赤ちゃんが吸うのに十分な長さがなかったのが問題らしいです。

これからどうしたらいいのか不安になりました。


スポンサーリンク

 

母乳が出るまでの苦労、出てからも苦労

母乳が十分出るようになるには赤ちゃんに吸ってもらうしかありません。出ていなかろうがとにかく2時間おきに授乳をして、足りない分はミルクで補うことになりました。

しかし、どれだけ吸わせてみても体重の変化は毎回3グラムほどでほとんどがミルクを足している状態でした。

 

出産の疲れもあり、夜間の授乳もかなりのキツさがあったので何日かはミルクに頼りきりでした。それから3日間ほど毎日マッサージを受けました。

2回目のマッサージで母乳が少ししみるくらい、その次は絞った時におっぱいが飛ぶようになり乳腺が開通しました。

 

でもまだ赤ちゃんの口を開けるタイミングや私の乳首の形のせいで、なかなかうまくいかずに大苦戦していました。

さらに2時間おき、早ければ1時間おきにおっぱいを吸われるので、乳首が切れてしまって血が出たり傷口がヒリヒリして大変でした。

赤ちゃんって意外に吸う力が強いんです。激痛に耐えながらの授乳でまだうまくおっぱいが出ないこともあって、どんどん落ち込んで行く毎日でした。

 

そんな私に母が「まだ親子になって3日でしょ。赤ちゃんもママも初めてのことなんだから、うまくいかなくて当然よ。」といってくれました。

その言葉が今でも忘れられません。そうだ、2人とも素人なんだから最初からうまく行くわけない、と気持ちを切り替えることができました。

 

結局、退院するまで満足に母乳は出ずミルクを足しながらの育児になりましたが、その頃には無理せずに混合でもいいかなという気持ちになっていました。

 

食事には特に注意しました。完全母乳で育児できるようになるまで

退院後、自分の実家で過ごすことになりました。もともと完母の育児を希望していたので、ミルクの用意を全くしていなかったので、母に粉ミルクと哺乳瓶を買って来てもらいました。

母乳を出やすくするために野菜中心でなるべく和食を食べるように心がけ、水分を多く取るようにしました。

搾乳をするとその分おっぱいが作られると聞いたので搾乳機も購入して毎日絞るようにしました。そうしていると何日かすると胸が張るようになって来て、おっぱいの出がよくなって来ました。

 

先輩のママからお餅は乳腺をつまらせるから食べないほうがいいと言われたので、お正月にもお餅は我慢し、反対にオススメされた豆乳を試してみるとぐっと母乳の量が増えるようになりました。

赤ちゃんとの授乳のタイミングもうまく測れるようになって来て、スムーズに吸ってくれるようになり、だんだんミルクを足す回数も少なくなり最終的には完全に母乳だけになり、絞らなくては追いつかないくらいにまでおっぱいが出るようになりました。

 

こうして念願の完母育児がスタート。完全母乳になった時は本当に嬉しかったです。

 

母乳育児のメリットは、ミルクを作る手間がかからない、経済的であるということ以外にも、一番は赤ちゃんとママとでしかできないコミュニケーションができるということだと思います。

 

母乳育児ができたことで、とても幸せな時間を過ごすことができました。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク