ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

子ども三人を完母育児して良かったと思ったこと。

出産前は母乳育児をしようという考えがなかったので、授乳に関して何の準備もしていませんでした。里帰り出産のため、出産した病院の母親学級さえ行ったことがありませんでした。

 

初めての出産から母乳がよく出るようになるまで

長女を出産後、助産師さんに乳房のマッサージをして頂き、長女に初めて乳首を吸わせたときは感激しましたが、当然母乳はほんのわずかしか出ませんでした。

 

入院中に助産師さんのマッサージで少し母乳が出るようになりましたが、授乳後1時間もすると長女が泣き出す状態でした。

 

退院後は1ヶ月ほど実家に帰り、三食と二回のおやつをしっかり食べ合間で水分補給して、長女が泣いて起きる度に授乳しました。水分補給にと牛乳・リンゴジュース・野菜スープ・薄味の味噌汁など母乳と私の体のことを考えて用意してくれた母は、さぞかし大変だったと思います。

授乳回数が多かったせいか、生後1ヶ月頃には長女も2~3時間寝てくれるようになりました。自宅に帰ってからも、水分補給には気をつけました。

 

生後3ヶ月頃になると、授乳前に乳房の張りを覚えるようになり、母乳だけで育てる自信がつきました。

 

最初の頃は粉ミルクを足した方がよいのではと迷ったこともありましたが、諦めずに何度も授乳しているうちに母乳が十分出るようになりました。

 

新米ママは何かと不安が多いでしょうが、母乳育児を行うママさんたちは初めは母乳が出なくても諦めないでくださいね。


スポンサーリンク

 

想定外!?母乳が出すぎて大変だったこと

3年後に長男を出産、勿論母乳で育てる気満々でした。二人目の育児だったため、授乳することへの不安は特にありませんでした。

そのためか、長男へ初めて行う授乳から母乳の出はよく、十分すぎるほどでした。入院中から授乳時間の間で搾乳するほどで、夜中も起こしてもらって授乳しました。

 

さらに、授乳の前に搾乳しておかないと吹き出す母乳に長男がむせてしまうという状態でした。母乳パッドも度々取り替えないと、服にしみ出てしまうので油断できませんでした。

入浴時湯船につかると、母乳があふれ出てお湯が白く濁るのでいつもしまい湯に入るようにしていました。

 

こんな調子で、母乳出はすこぶるよく。離乳食を食べるころになると、授乳の回数が減ってしまうため、お乳が張ってしまいこれを解消するために頻繁に搾乳しなくてはならず大変でした。

 

離乳食を食べた後も長男はしっかり母乳を飲むので、授乳回数が減っても母乳はよく出ました。育児でお腹がすくのもあって、よく食べよく飲んでいましたから、母乳はどんどん製造されていたわけです。

その後、この母乳の需要と供給のアンバランス状態が断乳するころまで続きました。

 

そして、三回食になったため授乳するのはお昼寝と夜寝る前だけになりました。このタイミングで断乳を決行しました。

午前と午後の外遊びをしっかりさせて、食後すぐ眠くなるようにしました。

 

乳房が張ってこないようにこまめに搾乳し、氷をタオルに包んで懐に入れて胸を冷やし、母乳を止めました。長男が胸をさぐらないように、絵本やおもちゃやテレビで気をひくようにしました。

 

新米ママにとって母乳が出すぎると、乳腺炎にならないように搾乳をすることと、断乳、卒乳した後の母乳の対処が大変とは思いますが、過ぎてしまえばそれもまた良い思い出になりますよ。

 

母乳育児をしてよかった4つのこと

そして、長女と長男に続いて次女も、上の二人のときと同様に完全母乳育児をすることができました。

三人とも母乳育児をした経験により4つの良い点があることを感じました。

 

第一は、何時何処でも授乳できることです。

外出中の自動車の中での授乳は勿論、屋外でもバスタオルやストールなどで上手に隠せばすぐに授乳できます。夜中の授乳も寝床ですぐに授乳できるので、泊まりがけの外出も苦になりませんでした。

 

第二に、粉ミルクの購入費用がいらないこと、哺乳瓶の消毒・保管の面倒がないことです。また、基本的に赤ちゃん連れの外出時はオムツや着替え、タオルなどと荷物は多くなりますが、粉ミルクの準備がない分かなり荷物は軽減され負担は少なくなります。

 

第三に、授乳中は母親がしっかり食べて飲んでも太らないので、体力が十分あるということです。私もお腹がすくのでかなり食べていましたが、出産前の体重を越えることはありませんでしたし、独身時代の服を着ていました。

 

第四に、子どもが丈夫に育つということです。三人とも突発性発疹にもかからず、定期検診と予防接種以外で小児科の先生のお世話になることもなく、とても元気に育ちました。成人した今も三人揃って健康体です。

 

栄養満点で手間も費用もかからない母乳は最高です。

 

最後に、久しぶりに育児日記を読み返し、我が子が柔らかな頬を胸に押しつけて授乳する度にこの上ない幸せを感じていたことを思い出しました。

母乳育児の時期は、子育ての期間の中でも宝物のような気がします。

 

新米ママさん、人それぞれ育児の環境は違うと思いますが、自分のペースで頑張って出来ることなら母乳育児を体験してみてくださいね。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク