ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

まさか我が子がアトピーを発症。不安だらけの子育てから得られたものは?

体重4kgオーバーで産まれた我が家の次男。2回目の出産ということもあり、最初から生後1か月児の大きさでシッカリした顔つきだったので、気楽に育てるつもりでしたが・・・。

 

生後4か月でアトピーと診断された次男!

生後4か月で頬がじくじくしだし、小児科でアレルギー検査をして「アトピーですね」と言われました。

とても驚きました。なぜなら主人も私も長男も、特にアレルギー症状はありませんでした。

 

卵・乳製品・小麦・大豆などたくさんのアレルゲンがありました。

完全母乳育児のため「どうしたらいいんだろう」と困りました。幸い、身近にアレルギーの会に入っているママ友がいたため、会の情報を頼りました。

 

除去食をはじめ、和食中心の生活、添加物の除去(水道水のカルキ含め)、地産地消、住環境も整える大切さを教えていただきました。

 

やれることを片端から実行していきました。

なにしろ母乳しか飲めないのに、母乳を飲むたびかゆがる次男がいるのです。この時期は毎週のようにあちこちの病院(小児科、耳鼻科、皮膚科)に通っていました。

 

生協の宅配を止め、自然食品のお店に買い物に行きました。

図書館で借りた本は数知れず。借りつくしたあとは、栄養士過程がある大学の図書館に借りに行きました。

「トランス酸脂肪酸」「オメガ3」「オメガ6」など、油脂についても勉強しました。なにしろこの時期は必死で、1日3時間くらいしか寝なかったと思います。


スポンサーリンク

 

アトピーはましになる。皮膚がキレイなり健康に近づいた次男でしたが。

いろいろと勉強し生活の中で取り入れていったことで、何がどう効いたのかはよくわかりませんが、手当り次第実行していていったことがよかったのでしょうか、生後8か月頃には次男の肌はきれいになってきました。

 

ですが、不安は残ります。体質がよりよいものになるのにどれくらいかかるのだろうかという不安です。

そして除去食のせいかもしれませんが、次男の伸長速度が遅いのが気になりました。

 

特に、動物性のタンパク質をほとんど摂っていない時期でした。

夫婦の目標は、幼稚園に入るころにみんなと同じものが食べられるようになっていること。本当の意味での「健康」になることでした。

 

そんな私たち夫婦を試すかのように、次男は生後10か月で「はしか」にかかりました。

高熱が5日間続き、おっぱいも飲めなくなり、小児科で点滴を受けながら一緒に泣きました「笑えるのはいつなんだろう」と泣きました。

 

アトピー症状がましになったため皮膚科には行かなくなりましたが、耳鼻科には最後まで通いました。

ですが、1つずつやっていくうちに次男は肌がきれいになっただけでなく、確実に健康になっていきました。

 

なにしろ、次男の細胞は、選ばれた水と食べ物から成り立っているのです。

そして同じ水と食べ物を食べた私たちも、確実に健康になっていました。

 

次男のアトピーが私たち家族も変えてくれたのです

次男のアトピーで辛かった時期、たくさんの方の「かわいそう」に傷ついた私を救ってくれたのはママ友でした。

 

「頑張ってるね」「よくなってるね」という言葉に、どれだけ励まされたかわかりません。

 

 

16歳になった次男。今ではヘルシーで健康思考な生活を送る次男に脱帽です。

いろいろと試練がありましたが、夫婦で目標としてた、幼稚園でみんなと同じ給食を食べることが達成できました。

本当にうれしかった!

 

嫌がられ泣かれましたが、入学前に血液検査もしてもらいました。

「もうアレルギーとは言えませんね」と小児科の先生がおっしゃってくださいました。晴れて、アトピー赤ちゃんから卒業しました。

 

現在次男は16歳。

もちろん何でも食べられます。

身長165㎝になりました。

主人も私も小柄なので十分です!

 

ですが、おもしろいことに彼はとってもヘルシーなのです。洋食より和食を好みます。

添加物の多いものは食べたがりません。お菓子はケーキより和菓子を選びます。

 

スポーツをやっているため、かなり筋肉質ですが余分な油脂を摂りたがらないため、体脂肪が少なく、結果としてスポーツでよい成績を残しています。

今の彼を支えているのは「白いご飯」と「おかき(もち米)」と「大福(もち米)」です。

 

「あの頃、頑張って本当によかった」とママ友に話したら、「あの頃のあなたの頑張りには脱帽してるわ」と言ってくれました。

 

嬉しい余談として、次男のアトピー以来食生活がすっかり変わった私たち夫婦は、40代後半になりましたがいまだに健康診断で「健康ですね」と太鼓判を押されます。19歳になった長男も健康そのもの。

 

アトピーと診断された時、はじめはどうしようかと悩み、不安でいっぱいだった次男の育児でしたが、今ではあの時の苦労させれたアトピーに感謝しています。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク