ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

子供3人を母乳(完母)で育てました!

最初の子どもの出産は海外でしました。その後、海外には子どもが一歳になるまで滞在していました。

 

海外の母乳育児は大変でした。

母乳育児をしようと思っていたので、日本の情報を見ていたらおっぱいマッサージをたくさんの人が受けていたので、滞在していた国にもあるのかと思っていたら何にもありませんでした。

 

ただ妊娠後期のプレママさんが行く講習会があって、そこで授乳のやりかたも一通り習いました。と、言ってもビデオを見て英語で説明されるだけなので、かなり不安でしたが。

 

出産したあとは新生児室のようなものはなく、赤ちゃんと一緒に夜を過ごしたのですが、授乳しようとしても全然吸ってくれないし一晩中泣き続けられて、しかも看護婦さんを呼んでも「だっこしてあげてね」と言うだけで、まったく何の助けもなく、とても心細くて泣きながら夜を明かしました。

でも翌朝、担当の助産師さん(出産を手助けしてくれた人)が戻ってきてくれて、心細かった話をしたら、なんて役に立たない看護婦だと怒っていたので、たまたま運が悪かったようです。

 

出産から24時間くらいの間に授乳しないと母乳が出るようにならないとのことで、お医者さんに搾乳してもらって赤ちゃんにスポイトで飲んでもらいました。

どうやら赤ちゃんのお腹はいっぱいだったみたいで、母乳を飲み始めたのは2日後くらいからでした。

 

ちょっと黄疸が出たけど大事には至らず。

海外で心細かったけど、やさしい人は本当にやさしく、何より赤ちゃんの状態をしっかりチェックしてくれるのがありがたかったです。ママへのケアはあまりなく放置でしたが。赤ちゃんさえ元気なら良かったです。

 


スポンサーリンク

 

初めての育児、初母乳育児ママが陥る落とし穴

赤ちゃんの体重が軌道にのって増え始めたのは2週間くらいしてからでした。

あんまり体重が増えないので、来週までにちゃんと増えてなかったらミルクを足してみようかと担当の助産師さんに言われた週からみるみる太り始めて無事に完母育児がスタートしました。

 

けっこう日本人の子どもはこのパターンが多くて、母乳育児はひと月くらいしてから軌道に乗ることが多いと、その助産師さんは言っていました。

体重が増えるまでは心配だったのもあってけっこういろんな情報を見て研究していました。うちの子は授乳の間隔が短くて一時間もしないうちに泣いてしまっていました。

それなのに、私は「2時間は開けないと母乳がうまく出なくなる」というどこかで読んだ説を信じてしまっていたので、一時間も泣いている我が子をあの手この手であやして時間稼ぎをするはめに・・。

 

母乳育児の情報はあふれていますから間違った情報に踊らされてしまうのは新米ママの必ず通る道なんでしょうか。

 

二人目以降は、「赤ちゃん主導の母乳育児」でなんのストレスもなく完母育児ができたので、一人目の時に辛かった自分に「何にも気にしないでいいからとにかく赤ちゃんが泣いたらおっぱいをあげればいいんだよ!」と教えてあげたいです。

 

でもやっぱり一人目のときはママの体も母乳を作ることに慣れていないから、試行錯誤をするのは避けようがないことなのかもしれませんね。

 

断乳はママと子供の一番勝負。思いをしっかりと伝えることが大切ですね

私は3人の子どもを完母で育てました。3人とも卒乳は、私の方から「もうやめます」宣言を一方的にする形でしたので、断乳と言った方がいいのかな。

 

一人目は2歳になったばかりの頃、おなかに2人目ができたので断乳。このときはもう夜に寝る前だけの授乳になっていて、本人もそんなに執着はなかったようでなんの問題もなく断乳できました。

2人目の方が大変でした。同じく夜一本に減らして、ある夜に断乳を決行。年は同じく2歳過ぎだったと思います。一晩中泣かれました。というかひきつけを起こす勢いで叫び続けられました。

 

夫がいると夫のほうが根負けしそうだったので、夫のいない夜を狙って一晩耐えに耐え、無事に断乳。一晩我慢すれば子どももわかってくれるものです。

 

そして、3人目は2歳半で断行。このときは子供はすでにけっこうしゃべることができて言葉での意思疎通ができたので、おっぱいを欲しがってすがりつく息子に必死の説得をしました。「○○はね、もう赤ちゃんじゃないんだよ」と。

「○○赤しゃん、ママー!」と絶叫する息子を懇々と諭す私。上の子たちの方がひよって、「もういいじゃん、ママ、おっぱいあげなよ」と言ってくる始末。しかし、一番勝負の大切さを知っていた私は引きませんでした。

 

結局泣きじゃくりながら眠った息子。

 

でも、ある意味言葉が通じたので「一応納得してくれたんだな」とこちらも思えたので、罪悪感がそんなになく断乳できました。

断乳が不安は人は言葉が通じる年まで待ってみるのもいい手かもしれませんよ。


スポンサーリンク

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク