ママここ

育児で悩やむママを応援、サポートします!

【授乳のやり方】抱き方の基本と飲ませ方について

 

授乳の基本を理解し、赤ちゃんにもストレスなく、気持ちよくおっぱいを飲んでもらいましょう。

 

しっかりと母乳を吸ってもらえる体勢をつくる

 

しっかりと母乳を吸ってもらえる体勢を作るのに欠かせないのは、授乳クッションを使うことです。

 

 

(普通のクッションや座布団などでもOKです!)

 

まずは、クッションで高さを調整しながら、赤ちゃんを胸の位置に抱きます。

 

乳房を出した時でも無理な力をかけなくても自然に抱ける位置がベストです。

 

この体制ができたら、授乳スタートです。

 

赤ちゃんを首元からしっかりとささえ頭を持ち上げながら、乳房へ引き寄せます。

ちなみに、授乳前に乳房を消毒する必要はありません。

 

頭を持ち上げ、赤ちゃんをしっかりと引き寄せた状態で、反対の手で乳房をしたから支え、赤ちゃんの乳房に咥えさせてます。

この時、しっかりと乳輪部まで咥えさせてください。

深く咥えさせる、噛み付いているような感じがベストですね。

 

浅く咥えた状態だと母乳が出ず、赤ちゃんがちゃんと母乳を飲めません。

そして、乳頭が直接吸われてしまうことにより、乳頭が裂傷したり亀裂してしまう原因にもなります。

正しい姿勢、咥え方をしてあげないと、赤ちゃんにもママにも不可がかかってしまうんです。

 

調子よく授乳できてきたら、赤ちゃんの飲みっぷりや乳房の様子をみながら、左右を交互に交代してあげましょう。

 

新生児や生後2ヶ月頃と月年齢が浅いうちは大体、片方3~5分で交代しながら飲ませてあげましょう。

 

左右の飲ませる時間は目安として考えて、乳房の状態や赤ちゃんの飲みっぷりを見ながら臨機応変に対応してあげてください。

 

また、乳頭や乳輪部が固いなと感じた場合は、授乳前に軽くマッサージしてみたり、搾乳するなどしてほぐしてあげるとスムーズに授乳することができます。

 

 

赤ちゃんが母乳を飲むときには飲むリズムがある

 

赤ちゃんは母乳を飲むときに一定のリズムがあることをご存知ですか。

 

赤ちゃんの飲むリズムを知ることにより、赤ちゃんがご機嫌で気持ちよく母乳を飲ませてあげることができます。

 

授乳始めは、「アムアムアム」と短い周期であごを上下に動かします。そして、少し間が空けて乳汁が出てくるのを待ちます。

乳汁が出てくるのを感じたら、「ゴックンゴック」と飲み始めます。そして一休み。

また、間を空けて乳汁が出てくるのを待っています。

ですので、すぐに赤ちゃんが乳頭を咥えているのを外さないようにして、様子を見てください。

また「ゴックンゴック」といって深く飲みだしたあとに一休みしたら、そのタイミングで乳房を取り替えてあげると赤ちゃんは機嫌よくしてくれるでしょう。

 

コツは、「ゴックンゴック」のあとが乳房を入れ替えるタイミングと覚えておいてください。

 

⚫赤ちゃん授乳時の飲むリズム

 

 

授乳後は

両方の乳房からバランスよく授乳でき、赤ちゃんも満足したら授乳は終了です。

まずは、赤ちゃんの口を乳頭からそっと離します。

乳輪部と赤ちゃんの口元に人指を潜り込ませる感じで、そっと赤ちゃんの口を離すようにします。

 

そして、ゲップをさせます。

母乳と一緒に飲んでいる空気を出してあげます。

ゲップをさせてあげないと赤ちゃんは苦しいのです。

 

方法としては、2つの方法があります。

 

 

1つ目は、片方の手で首を支えます。
もう一つの手は、脇の辺りを支えてあげましょう。

 

そして、脇の部分で赤ちゃんを支えながら、腕に赤ちゃんの体をもたれかからせるようにします。

あごは腕の上にのせてあげるような形にしましょう。
※腕の部分にタオルをかけておくことをおすすめします。


 

この姿勢で赤ちゃんの背中を上下に優しくさすってあげます。

なかかなゲップが出そうにない時は、軽くトントンと叩いてあげても構いません。

 

 

2つ目は、赤ちゃんを縦に抱きかかえます。



 

首元を支えてあげながら、肩のところまで担ぐように抱き上げます。

※肩にタオルをかけておくことをおすすめします。

 

その状態で、同じく、背中を上下に優しくさすってあげるましょう。

なかなかゲップが出そうにないて時には、軽くトントンと叩いてあげてもかまいません。

 

ゲップのやり方は、上記のどちらでもかまいません。

ママがやりやすい方か、赤ちゃんがゲップが出やすい方を選んでください。

 

 

母乳育児、授乳を楽しみましょう

母乳育児において、当たり前ですが、授乳は頻繁に行うことでとても重要なことです。

 

できるだけ、ママの負担が少なくなるように、そして楽しく出来るように、工夫しながら授乳してください。

 

いろいろな抱き方や姿勢で授乳することにより、乳房、乳頭にかかる負担も減らすことができます。

 

また、授乳時には腕や肩、腰にも想像以上に負担がかかっています。

1回の授乳の時間も結構かかるので、ずっと腕で赤ちゃんを支え続けるのも大変です。

そして、疲れてくると背中が丸まってしまいがちです。
姿勢が崩れてくると赤ちゃんにも負担がかかり、飲みづらくなると泣き出してしまうこともあると思います。

 

ママと赤ちゃんにとってベストな授乳の姿勢、抱き方を探し、短い母乳育児の大切な癒やしの時間を過ごしてください。

 

 

 

 

【案内人】ユッキー

30歳で初めての出産。

母乳で育児を行うも思うように出ず、ミルクとの混合で育児を行こととなる。
母乳とミルクとうい混合で育児を行い、両方を経験することによりそれぞれの、苦労や喜びを実感する。

育児をする全てのママ達を応援サポートする為、日々奮闘中。

密かに、二人目も欲しいと思っている。

スポンサーリンク